背中ニキビ 化粧品

背中ニキビには手ぬぐいケア!

わたしは20代に入ってから急に背中ニキビに悩ませられるようになりました。
10代の頃はニキビは顔だけにできるものだと思っていたので、できたニキビを鏡ごしに発見したときにはそれはそれはショックでした。
次の日からなんとか治そうと生活習慣を見直したり、食事に気をつかったりしていましたが、それが逆効果だったのかストレスとして返ってきてしまいニキビは減るどころか増える一方でした。
皮膚科に行くお金もなく、他人にニキビだらけの背中を見られるのが恥ずかしい気持ちもあり、もうこのままでいいかなあと思って一度諦めてしまいました。
諦めて一ヶ月くらいたったころに、しばらく連絡を取っていない友人からお茶に誘われてそのときに背中ニキビに困っていることをお話ししてみました。

 

わたしは普段ナイロンタオルで洗っているのですが、友人が言うにはそれを、手ぬぐいに変えなさいとのこと。

 

手ぬぐいというとおばあちゃんが使っていたイメージが強くて、あまりピンとはこなかったのですが、洗い方ひとつで背中ニキビが治るならと、その帰りにさっそく近所の雑貨店に寄って手ぬぐいを購入しました。

 

友人の教えのとおり、手ぬぐいは2、3回洗ってやわらかくなってから使い、ボディーソープよりも無添加石鹸で泡立てるのがベストということでした。
洗うときはゴシゴシこするのではなく、力を入れずやさしくこする、ただこれだけ。

 

この方法を試して二週間になりますが、背中ニキビは少しずつ減ってきているとともに、新しいものが出来なくなってきました。
それと洗い上がりがとてもつるつるで、お肌がワントーン白くなった気もします。
この調子で背中ニキビ0を目指したいです!

 

最後に、手ぬぐいはワンコイン500円の物が多く、デザインも豊富なので、自分の好みに合う手ぬぐいを探すのも楽しいと思います。
無添加石鹸はスーパーや薬局で安価で手に入るので、手ぬぐいと合わせても1000でお釣りがきます。

 

シンプルな方法ですが、お財布にも優しいので同じ背中ニキビでお困りの方々に是非オススメしたいと思います。

背中ニキビの原因として紫外線があげられる

背中ニキビの原因の一つとして、紫外線があげられる場合があります。紫外線は春から夏にかけて一番強くなります。この時期は気温も高いので、肌を露出するようなファッションをする傾向にあります。キャミソールなどで背中が大きく空いたファッションをする方も沢山いますし、プールや海などに行きビキニなどで背中の露出の多い水着を着る方も多いですね。日焼け止め液を塗ったり日焼け対策を行っている方もいると思いますが、中には何も日焼け対策を行わないという方もいます。また日焼け止め液を塗っていても、水に浸かると落ちてしまったり、小まめに塗らないとあまり効果が感じられなかったりします。それから日焼け止め液が自分の肌に合っていないというケースもあるでしょう。そうして背中は紫外線により大きなダメージを受けているのです。

 

紫外線はシミやシワなどを作る事で知られていますが、背中ニキビも実は紫外線から来ている事もあります。ですので、背中を露出するようなファッションをする時は、日焼け止め液を塗って、しっかり紫外線対策をする事です。そうすれば紫外線による肌へのダメージも防ぐ事が出来ますので、背中ニキビの発生を抑える事が出来ます。

 

そして背中ニキビが出来てしまった後の対策としては、肌に良い影響を働きかける栄養素のある食事を積極的に摂ると良いでしょう。代表的なのが人参や南瓜、卵、海藻などのビタミンAです。食材という物は非常に重要で肌に良い物を積極的に食べていけば背中ニキビも改善されていきます。

背中ニキビの原因と効果的な治療方法について

背中ニキビは様々な原因が考えられます。まず一つは、ニキビの原因となるアクネ菌の異常発生です。背中は皮脂が多く分泌される場所で、皮脂を栄養分とするアクネ菌が繁殖しやすくなっています。夏になると普段よりも油脂が過剰になるため、石鹸で余分な皮脂を洗い流すことが必要です。

 

また、髪を洗う際のシャンプーやコンディショナーが背中ニキビの原因となっていることもあります。背中についたシャンプーやコンディショナーを十分に洗い流さないと、それらが毛穴に詰まって毛穴が炎症を起こしてニキビができてしまいます。
シャンプーやコンディショナーは、石鹸やボディーソープでしっかりと洗い流すようにしましょう。

 

余分な皮脂やシャンプー・コンディショナーなどの洗い残しをしっかり落とすことも大切ですが、汚れを落としすぎると肌が乾燥してニキビができやすくなるので注意が必要です。

 

私がおすすめする背中ニキビの治療方法は、温水と冷水を交互に背中に当てる方法です。これは、温水で背中の毛穴を開いた後に、石鹸で背中を擦らないように洗い、最後に冷水で毛穴を引き締めるというものです。これはお風呂で行うのが一番良いです。お風呂からあがったら、保湿クリームを背中に塗って水分を蒸発させないようにしましょう。ニキビは肌の水分量と油脂の量のバランスが悪くなったときにもできてしまうので、保湿クリームで肌に水分を留めておくことが重要です。
これを毎日行うことで、血行も良くなってニキビも治りやすくなります。