ニキビ化粧品 ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体化粧品がニキビ肌に良い理由とは?

ビタミンC誘導体

シミやニキビ、乾燥などの肌トラブルが現れたとき、あなたならまず先に何をしますか?

 

おそらく大抵の人は、その悩みやトラブルに特化した化粧品を使うのではないでしょうか。

 

普段使っている化粧水や乳液などのスキンケア化粧品を、その悩み向けのものに変えるのです。

 

これなら簡単ですし、すぐに実施できるのでいいですよね!

 

ニキビで悩んでいる人には、ビタミンC誘導体化粧品が良いと言われていますが、それはなぜなのでしょうか。

 

なんとなく肌トラブルにビタミンCは良さそうという漠然としたイメージはありますが、「ビタミンC誘導体」がなぜいいのか?、そこ理由まで知っているという人は少ないかもしれませんね。

 

そこでここでは、ニキビ肌にビタミンC誘導体化粧品が良いと言われる理由について、紹介していきたいと思います。

 

ビタミンC誘導体とは?

 

まずは簡単に、ビタミンC誘導体が何なのかを説明します。

 

ビタミンCという言葉が使われているように、ビタミンC誘導体は「ビタミンCを濃縮して浸透率を高めた」もの。

 

ビタミンCは非常にデリケートな成分で、化粧品にするとすぐにその成分は壊れてしまいます。

 

たとえビタミンC配合の化粧品があったとしても、ビタミンCが浸透する(ビタミンCの効果を得る)ことはほぼ不可能。

 

これでは全く意味がないですよね?

 

そのため、しっかりと肌に浸透するよう成分を安定させたのが、ビタミンC誘導体というわけです。

 

ビタミンC誘導体のニキビへの効果

 

実は、ビタミンC誘導体にはニキビを直接治したり、治癒を早めるという働きはありません。

 

しかし、それにも関わらずビタミンC誘導体はニキビに良いと言われています。

 

それはなぜなのかというと、ビタミンC誘導体には

 

・皮脂の過剰分泌を抑える
・メラニン色素を還元する
・肌をなめらかにし、新陳代謝を促す

 

といった働きがあるため。

 

ニキビは、皮脂が毛穴につまることで起こります。

 

そのため、皮脂の過剰分泌を抑えることはニキビをできにくくすることに繋がりますね。

 

ビタミンC誘導体には、ニキビの予防効果が非常に高いと言えるでしょう。

 

2つめは、メラニン色素を還元すること。

 

色素沈着を防ぐので、ニキビ跡が残るのを防いでくれます。

 

そして3つめは、新陳代謝を促すこと。

 

肌のターンオーバーを整えて健康な状態にしてくれるので、肌のバランスを整える効果が期待できます。

 

ビタミンC誘導体にはストレス緩和や免疫力を高める効果もありますから、ストレスや雑菌に対して強い肌になることも期待できるでしょう。

 

肌が強くなればニキビもできにくくなりますし、炎症も起こりにくくなりますね。

 

ニキビができにくくなること、跡を残さずに治せることが、ビタミンC誘導体がニキビに良いと言われている最大の理由です。

 

ビタミンC誘導体には種類がある?

 

一言でビタミンC誘導体といっても、化粧品に配合されているビタミンC誘導体の種類は1つではありません。

 

実はビタミンC誘導体は、大きく分けて「水溶性」と「油溶性」の2種類があるのです。

 

・水溶性ビタミンC誘導体

 

水溶性ビタミンC誘導体は、皮膚に吸収されやすいことが特徴。

 

過剰な皮脂を抑制する効果が高く、真皮での効果はおよそ12時間ほど続くと言われています。

 

ただし、吸収率が高い分、高濃度になると刺激を感じることもあるので要注意。

 

ピリピリとした痛みを感じたら、濃度が高すぎる合図です。

 

水溶性ビタミンC誘導体の成分名には、リン酸型ビタミンC、アスコルビン酸、アスコルビルエチルなどがあります。

 

・油溶性ビタミンC誘導体

 

油溶性ビタミンC誘導体は、吸収するまでに時間はかかりますが、持続性に優れていることが特徴。

 

ビタミンCと油分を結合させ、クリームなどに配合しています。

 

時間はかかるものの、浸透率や効果の持続性は非常に優れており、肌への刺激も弱めです。

 

刺激の弱さなら油溶性ビタミンC誘導体のほうがおすすめですが、ニキビ肌の人はできるだけ油分のある化粧品を使いたくないこともまた事実。

 

どちらがいいとは一概には言えないので、まずは自分の肌で試してみましょう。

 

ビタミンC誘導体の効果を実感しやすいのは赤ニキビ!

 

毛穴に皮脂が詰まっただけ(炎症は起こっていない)の白ニキビは、オイリー肌や皮脂の分泌量が多い人に起こりやすいもの。

 

ビタミンC誘導体化粧品は皮脂の分泌量を適切にする働きがあるので、肌質を改善することができるでしょう。

 

ただし肌質の改善にはある程度の時間がかかるので、すぐに効果を実感するのは難しいかもしれません。

 

白ニキビよりもビタミンC誘導体化粧品の効果を実感しやすいのは、炎症の起こっている赤ニキビ。

 

赤い色素の定着を抑えることができるため、効果を実感しやすいと言えるでしょう。

 

炎症の元となる活性酸素を除去する抗酸化作用が強いので、比較的早い段階で効果を感じることができますよ。

 

まとめ

 

ビタミンC誘導体化粧品がニキビ肌に良い理由について、紹介しました。

 

ビタミンC誘導体にはニキビを直接治す働きはありませんが、ニキビをできにくくしたりニキビをキレイに治すために必要不可欠であると言えるでしょう。

 

ニキビができてしまったら、ビタミンC誘導体化粧品を塗っておくと、ニキビ跡になるのを防ぐことができますよ。