ニキビ 生活習慣

ニキビケアは生活習慣から!ニキビケアに大切な生活習慣の見直しとは

生活習慣改善

ニキビケアというと、みなさんは何をイメージしますか?

 

恐らく大半の人は、化粧品や塗り薬などの「外側からのケア」をイメージするのではないでしょうか。

 

確かに、ニキビケアというと外側からのケアが真っ先に思い浮かびますよね。

 

しかし、外側からのケアだけを続けていてもニキビ肌を治すことはできません。

 

ニキビは誰でも一度くらいはできたことがあるでしょうが、常に悩みの種になるほどニキビができる人ばかりではありません。

 

それには元々の体質もありますが、多くの場合は生活習慣が乱れていることが原因です。

 

生活習慣が乱れているせいで、ニキビができやすくなってしまっているのです。

 

できてしまったニキビを治しても、生活習慣がそのままではいたちごっこでしかありません。

 

本格的にニキビケアをするのなら、生活習慣の見直しというのは欠かせない重要なポイントなのです。

 

ここでは、そんな生活習慣の見直しポイントを紹介していきますよ。

 

大人ニキビの原因は生活習慣の乱れ?

 

ニキビを含め、すべての肌トラブルの背景には生活習慣が関わっています。

 

中でも大きく関係しているのが、大人ニキビ。

 

大人ニキビは、生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れが原因でできると言われているのです。

 

この場合は、外側のケアをいくらしても、根本的な解決にはなりません。

 

やはり内側からのケアが重要だと言えるでしょう。

 

生活習慣を見直すことが大切だということが分かったところで、どんなことに気を付けたらいいのか?を紹介していきますね。

 

ニキビケアで気を付けるべき生活習慣のポイントは5つ

 

生活習慣というのは、食事や睡眠などの普段何気なく行っていることの総称。

 

どれも特別なことではなく、毎日当たり前のように行っているものばかりです。

 

睡眠や食事は、あまり意識せずに毎日行っていますよね?

 

意識していないということは、それだけ習慣になってしまっている、ということ。

 

つまり、改善するのも簡単なことではありません。

 

ニキビケアとして欠かせない生活習慣のポイントは、全部で5つあります。

 

初めからすべて改善しようとすると十中八九続かないので、まずはできそうなところから見直していくことをおすすめします。

 

・6時間以上の睡眠

 

1つめは、睡眠。

 

肌トラブルの改善に睡眠が必要だというのは、みなさんも知っていますよね?

 

よく、「寝不足の翌朝に肌荒れがひどくなる」などと言われることがあるでしょう。

 

これはあながち間違いではなく、睡眠不足は肌の状態に顕著に現れてしまいます。

 

特にニキビに関しては、睡眠はかなり重要なもの。

 

睡眠不足になると、ヒトは免疫力が低下します。

 

するとニキビの中でも比較的重症な、炎症を伴うニキビができやすくなってしまうのです。

 

さらに、そのニキビは大きく腫れやすくなるという特徴も…。

 

ニキビができやすくなるだけでなく、ニキビが悪化してしまうなんて大問題ですよね。

 

しかもニキビケアに関する睡眠はかなりデリケートで、ただ長く寝ればいいというわけではありません。

 

6時間以上の睡眠を、規則正しく取ることが大切です。

 

できることなら、22時には熟睡モードに入っているといいでしょう。

 

なぜなら、皮膚の再生やターンオーバーを促進する働きのある成長ホルモンが分泌されるのは、22時から翌日の2時までの4時間しかないのです。

 

しかもこの成長ホルモンは、寝ていないと分泌されないという厄介な特徴があるもの。

 

規則正しく、できるだけ22時にはベッドに入れるように仕事ややるべきことは早めに終わらせておきましょう。

 

・バランスの良い食事

 

第一に優先すべきは睡眠ですが、次に気を付けたいのは食事です。

 

ニキビを含む肌荒れには、ビタミンの摂取が欠かせません。

 

特に現代人は野菜不足の人が多く、必然的にビタミン不足の傾向にあります。

 

ビタミンは熱に弱いので、生野菜や果物から摂取することを心がけましょう。

 

また、食事で積極的に摂りたいのはビタミンだけではありません。

 

肉や魚に含まれているタンパク質は、ビタミンを運用するためには必要不可欠。

 

摂りすぎはダメですが、毎日適量を摂りましょう。

 

・入浴

 

シャワーよりも、浴槽に浸かることが重要。

 

体を温めることで、新陳代謝を高めることができます。

 

新陳代謝が高まれば肌のターンオーバーも整っていきますよ。

 

・適度な運動

 

血行不良は、肌荒れの原因の1つ。

 

適度に体を動かし、血行を良くしていきましょう。

 

特別な運動ではなく、歩くだけでも十分です。

 

・疲れを溜めすぎない

 

疲れが溜まるとホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

すると、寝ても肌の修復に充てる時間が少なくなってしまい、ニキビもうまく治りません。

 

ニキビは長引けば長引くほど、跡として残るリスクが高まってしまうもの。

 

疲れが溜まってきたら早めに休憩を取りましょう。

 

まとめ

 

ニキビケアに大切な生活習慣について、紹介しました。

 

ここで紹介した生活習慣は、どれも特別なものではありません。

 

健康的な生活習慣として、推奨されていることばかりです。

 

まずはできることから改善していけるといいですね。