ニキビ化粧品

同じニキビでも違う?思春期ニキビと大人ニキビの違いとは

大人ニキビと思春期ニキビの違い

ニキビというと、なんとなく10代などの若い頃にできるものというイメージがあります。

 

中学生や高校生の頃、ニキビに悩まされたという人もいるのではないでしょうか。

 

そんなニキビは、若い頃にだけできるものではありません。

 

大人になってからも、ニキビはできます。

 

大人になってからニキビができるようになった、定期的にニキビができる、ニキビがなかなか治らない…。

 

このように、実は大人になってからニキビの悩みを抱えている人も多いもの。

 

大人のニキビに市販のニキビケア用洗顔料などを使うと、逆にニキビが悪化してしまうこともあるのだとか。

 

それはなぜなのでしょうか。

 

それはずばり、若い頃にできるニキビ(思春期ニキビ)と、大人になってからできるニキビ(大人ニキビ)はその原因や特徴が違うため。

 

この2つのニキビは同じ「ニキビ」ではありますが、どう違うのでしょうか。

 

思春期ニキビと大人ニキビの違いについて、紹介していきます。

 

思春期ニキビの原因

 

まずは、思春期ニキビから特徴をお話ししていきましょう。

 

思春期ニキビと呼ばれるだけのことはあり、中学生や高校生くらいの10代の時期にできるものです。

 

おそらくほとんどの人が、この時期にニキビに悩まされたことがあるでしょう。

 

それほど、思春期ニキビは「誰もが通る道」でもあるのです。

 

決して珍しいものではないんですよ。

 

なぜこの時期にニキビができてしまうのかというと、思春期は成長ホルモンがたくさん分泌されるから。

 

これは、身体を作るためですね。

 

この成長ホルモンが皮脂線を刺激してしまい、皮脂の分泌が過剰になってしまうのです。

 

皮脂の量が多ければ、それだけ毛穴に詰まりやすくなってしまいますよね?

 

皮脂はニキビの原因であるアクネ菌のエサになるため、アクネ菌も繁殖しやすい状態。

 

そのため、思春期ニキビは赤く化膿した炎症を伴うニキビになりやすいという特徴もあるのです。

 

成長ホルモンの分泌が落ち着く20代前後には、思春期ニキビはできなくなってきますよ。

 

大人ニキビの原因

 

では続いて、大人ニキビの原因は何なのでしょうか。

 

実は大人ニキビの原因は多岐に渡り、1つに絞ることは難しいと言わざるを得ません。

 

その原因には、
・不規則な生活習慣
・睡眠不足
・アルコール
・ストレス
・間違ったスキンケアやメイク
・ホルモンバランスの乱れ
などが考えられます。

 

この中のどれか1つということは少なく、いくつかの要因が積み重なっていることが多いそう。

 

上記のことがきっかけとなり、
・肌が乾燥する
・ターンオーバーが乱れる
ことでニキビができてしまうのです。

 

ターンオーバーが乱れると肌に角質がたまり、角質層が厚くなってしまいます。

 

通常ならば剥がれ落ちるべき角質が肌の表面にとどまってしまうため、毛穴が詰まりやすくなることが原因だと言えるでしょう。

 

肌に潤いがなくハリがなくなると、よりニキビができやすいといえますね。

 

大人ニキビの場合は、きちんとした生活習慣を送り、正しいスキンケアをすることで症状が改善していくことも特徴です。

 

思春期ニキビの予防改善の仕方

 

思春期ニキビは、10代特有の皮脂の過剰分泌が原因で起こるニキビです。

 

そのため、オデコや鼻、頬といったTゾーンにできやすいもの。

 

皮脂分泌の多いところですね。

 

汗をかく時期には悪化しやすいので、注意が必要です。

 

そんな思春期ニキビの予防改善は、

 

・皮脂量を抑えること
・清潔に保つこと
・角質ケア

 

この3つが重要。

 

やはり余分な皮脂が多いので、皮脂の過剰分泌を抑えることが第一でしょう。

 

しかし、だからといってゴシゴシと何度も洗顔をしたり、あぶらとり紙を多用するのはNG。

 

皮脂を取るときは、あぶらとり紙だと必要な分まで取りすぎてしまうので、ティッシュを使うのがおすすめです。

 

大人ニキビの予防改善の仕方

 

思春期ニキビはTゾーンにできやすいものですが、大人ニキビはTゾーンにはほとんどできません。

 

大人ニキビができやすいのは、アゴやフェイスライン、首筋といったUゾーン。

 

さらに言うなら、大人ニキビは同じところに繰り返しやすいので、一度治ったからといって安心するのはまだ早いかもしれませんよ。

 

そんな大人ニキビは、

 

・角質ケア
・潤い補給
・ストレスを溜めない

 

ことで予防改善することができるでしょう。

 

乾燥することでもニキビができやすくなるので、しっかりと潤いを補給してあげるといいですね。

 

大人ならではの苦労はたくさんあるでしょうが、できるだけ疲れやストレスを溜めずにほどよく息抜きしていくことも大切ですよ。

 

まとめ

 

思春期ニキビと大人ニキビの違いについて、紹介しました。

 

どちらもニキビという点では同じなのですが、その原因はまったく違うもの。

 

大人ニキビなのに思春期ニキビのようなケアをしていたら、治るものも治らなくなってしまいますよね?

 

自分のニキビが思春期ニキビと大人ニキビのどちらなのかをしっかりと知り、正しい方法でケアをしていきましょう。