ニキビ 乾燥

ニキビは乾燥が原因でもできるの?ニキビと乾燥肌の関係とは

ニキビ 乾燥

ニキビができる原因は何か、知っていますか?

 

それはずばり、皮脂。

 

ニキビは、皮脂が毛穴に詰まることで発生するのです。

 

このように言うと、「ニキビは脂性肌の人だけにできるもの」だと思ってしまう人もいるかもしれませんね。

 

しかしニキビは、脂性肌の人にだけできるものではありません。

 

実はニキビの根本的な原因は、乾燥ということもあるのです。

 

「乾燥が原因でニキビ?」と、不思議に思いますよね。

 

ここでは、乾燥が原因でニキビができてしまう理由など、乾燥とニキビの関係について追求していきたいと思います。

 

乾燥肌ってどんな状態?

 

そもそも乾燥肌とは、どんな状態の肌のことを言うのでしょう。

 

大人の女性にもっとも多いと言われる肌質が、乾燥肌なのだそう。

 

肌の表面がカサカサしたり、かゆみがある、ファンデーションが粉をふくなどの症状があれば「自分は乾燥肌なんだ」と分かりやすいのですが、乾燥肌の人全員に分かりやすい症状があるとは限りません。

 

肌の表面は乾燥していないのに、肌の内側は乾燥している「インナードライ」「隠れ乾燥肌」と呼ばれる人も多いそう。

 

乾燥肌になると、皮脂の分泌量が低下します。

 

皮脂が少なければニキビはできにくいと思われますが、本来皮脂というのは肌を守るための天然の保護膜。

 

この天然のバリアがなくなると、肌は外からの刺激をダイレクトに受けることになってしまいます。

 

それだけでなく、皮脂膜がうまく作れないので角質層の水分がどんどん蒸発していってしまうのです。

 

皮脂の少ない状態を放っておくと、このような悪循環に陥り、どんどん乾燥は進行していってしまうでしょう。

 

角質層の水分が失われた肌のキメは粗く、毛穴も細く弱くなっていきます。

 

しかし、肌もただ黙って乾燥が進行していくのを見ているわけではありません。

 

なんとかバリア機能を保とうと、頑張って皮脂を分泌するのです。

 

この状態が、いわゆるインナードライといわれるもの。

 

肌の表面は頑張って分泌された皮脂で潤っている(むしろベタつくこともある)ので、一見乾燥しているとは思わないでしょう。

 

逆に、「自分は脂性肌だ」と思っている人もいるほどなのだとか。

 

このように、乾燥肌は「角質層の水分が少ないこと」を言うのです。

 

なぜ乾燥肌でニキビができる?ニキビができる理由

 

乾燥肌でニキビができるのも、みなさんが知っている理由と同じです。

 

ニキビは「毛穴に皮脂がつまる」ことでできるのです。

 

先ほどの説明でもあったように、皮脂の分泌量が低下すると皮脂膜がうまく作れなくなり、その結果として角質層の水分が蒸発していきます。

 

カラカラに渇いた地面などを想像していただければ、分かりやすいですね。

 

この状態の肌は、毛穴が細く弱くなっており、ほんの少しの皮脂でも詰まりやすくなっているのです。

 

乾燥肌でも皮脂は分泌されますから、余計に詰まりやすいと言えるでしょう。

 

水分が少ないゆえに、少ない皮脂でも詰まってしまい、ニキビができてしまうんですね。

 

これが、乾燥肌でもニキビができてしまう理由です。

 

乾燥肌になる原因は毎日の洗顔?

 

乾燥肌になってしまう原因は、1つではありません。

 

生活習慣やストレス、紫外線なども乾燥肌の原因となりますが、その中でも気が付かないうちに乾燥肌を進行しているのが、毎日の洗顔。

 

洗顔は、毎日しますよね?

 

この毎日の洗顔やクレンジングの仕方が雑であったり、間違った方法であったりすると、一気に乾燥は進んでいってしまうんですよ。

 

洗顔料を泡立てずに使用していたり、オイルクレンジングを使用していませんか?

 

肌に負担となるこのやり方は、ニキビを防ぎたいのなら今すぐにやめましょう。

 

洗顔やスキンケアを見直すだけでも、乾燥肌の進行を食い止めることは十分に可能です。

 

ニキビを予防するなら乾燥肌を改善することから始めよう

 

乾燥肌が原因のニキビを予防改善したいのなら、まずは乾燥肌を改善することから始めましょう。

 

ニキビの根本的な原因は乾燥なのですから、乾燥肌を改善しなければ意味がありませんよね。

 

水分補給をしっかりと行い、皮脂膜を作ることから始めましょう。

 

油分を補うことよりも、水分を補うことが大切です。

 

油分の多いクリームなどを繰り返しつけてしまうと、肌本来が持つ「皮脂膜を作る力」を弱めてしまう可能性があるので要注意。

 

あくまでも肌が持つ力を引き出してあげなくてはなりません。

 

低刺激の化粧水で、たっぷりと水分を補ってあげてくださいね。

 

できることなら、糖類や多糖類、アミノ酸などの「肌細胞の栄養源に近い成分」でできた、ノンオイルローションがおすすめ。

 

もちろん、クレンジングや洗顔方法などを見直していくことも忘れずに。

 

まとめ

 

乾燥とニキビの関係について、紹介しました。

 

ニキビは脂性肌特有のものではなく、乾燥が原因でもできることがあります。

 

大人ニキビの原因のほとんどは、その背景に乾燥が隠れていることが多いもの。

 

まずは自分の肌質をしっかりと見極め、ニキビの原因が何なのかを確認することから始めましょう。

 

原因がわかれば、改善策も見えてくるはずですよ。