ニキビ 日焼け止め

ニキビ肌に日焼け止めは必要?ニキビ肌の日焼け止めの選び方

日焼け止め

ニキビを防ぐため、ニキビを悪化させないためには、「ニキビに刺激を与えない」ことが鉄則。

 

ニキビは毛穴に皮脂が詰まってしまっている状態ですが、その中ではアクネ菌が繁殖してしまっているのです。

 

アクネ菌によって炎症を起こしたニキビは赤く腫れ、痛みを伴うことも…。

 

そんなニキビをできるだけ早く治すためには、刺激を与えてはいけません。

 

ニキビに紫外線は禁物と言われますが、日焼け止めは負担とならないのでしょうか?

 

ニキビ肌に日焼け止めは必要なのかということはもちろん、ニキビ肌の人が使う日焼け止めの選び方のポイントまで、紹介していきましょう。

 

ニキビ肌に日焼け止めは必要?不要?

 

まずはニキビ肌に日焼け止めが必要かどうかということですが、これはもちろん必要。

 

確かに日焼け止めは肌への刺激、そして負担の強いものですが、それ以上に紫外線のほうが肌にとっては良くないものだからです。

 

紫外線を浴びるとシミができると言われますが、これは紫外線から肌を守るためにメラニン色素が作られてしまうため。

 

ニキビのできやすい人は肌表面の皮脂が多いので、その状態で紫外線を浴びるとどうなるでしょうか。

 

皮脂が酸化し、黒ずみや新たなニキビの原因となることは間違いないでしょうね。

 

紫外線は肌を乾燥させ、肌の水分量を減らしてしまうのです。

 

そのため、ニキビ跡が残ってしまうリスクも高まってしまうといえます。

 

このことから、ニキビ肌であっても日焼け止めは使うべきだと言えるでしょう。

 

ただし、どんな日焼け止めでもいい!というわけではありません。

 

ニキビ肌の人向けの、日焼け止めを選ぶ必要があるといえます。

 

日焼け止めのPA、SPFって何?

 

日焼け止めを買うとき、メーカーや使用感の他、PAやSPFの値をチェックするという人も多いでしょう。

 

なんとなくPAやSPFが高い方が日焼け止めとしての効果も高いと思われていますが、これは正解。

 

日焼け止めのPAとSPFについて、簡単に説明しましょう。

 

・PAとは?

 

PAは、UV-Aによる日焼けで、皮膚が黒くなるまでの時間を表したもの。

 

+の数が多いほど、皮膚が黒くなるまでの時間が長いことを指しています。

 

現在ではPA+〜PA++++の4段階までがありますよ。

 

一番高いPA++++は、極めて高い効果を示しています。

 

・SPFとは?

 

SPFは、UV-Bによる日焼けで、皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に伸ばすかを示したもの。

 

ちょっと分かりにくいですが、紫外線を浴びてから20分で皮膚が赤くなる人の場合、SPF1は皮膚が赤くなるまでの時間は20分ということになります。

 

SPF30なら、20分×30倍で600分、SPF50なら20分×50倍で1,000分ということ。

 

これだけの時間、皮膚が赤くなるまでの時間を伸ばすことができるんですね。

 

一度塗れば、これだけの時間紫外線の脅威から肌を守ってくれるのはありがたいですが、その分肌への負担も高いということを忘れないようにしてくださいね。

 

ニキビ肌の人の日焼け止め選びのポイント

 

ドラッグストアなどに行くと、日焼け止めはズラリと並んでいます。

 

特に春から夏にかけては日焼けのシーズンでもありますから、特設コーナーが作られているお店も少なくありません。

 

もちろん紫外線は春夏にだけ降り注いでいるわけではなく、オールシーズンあるもの。

 

徹底的に紫外線対策をするのなら、1年を通して日焼け止めを使いましょう。

 

ここでは、ニキビ肌の人の日焼け止めを選ぶときのポイント3つを、紹介していきますよ。

 

・PA値SPF値の低めのもの

 

最近は高い効果の期待できるPA++++、SPF50の日焼け止めがたくさん販売されていますが、ニキビ肌の人が普段使いするのなら、ここまで高いものでなくても十分です。

 

確かに普段から紫外線は降り注いでいますが、長時間外にいるわけではないのなら、問題はありません。

 

PA++、SPF20〜30くらいのものでも大丈夫でしょう。

 

レジャーのときのみ強いものを使うなど、日焼け止めの強さを使い分けることも大切です。

 

効果の高い日焼け止めは、それだけ肌への負担も強くなりますから、できるだけ負担のかからないものを選びたいものですね。

 

・オイルフリーのもの

 

油分は、ニキビの原因であるアクネ菌の大好物。

 

油分があるとアクネ菌が繁殖してしまうので、ニキビが悪化してしまう可能性が高くなります。

 

油分で皮膚に膜を作ってしまうと通気性も悪くなるので、ニキビ肌の人は油分の多いものを使うべきではありません。

 

また、たとえ日焼け止めであっても、油分が肌の上で酸化してしまうと、新たなニキビや炎症を招く恐れもあるので要注意。

 

・ノンケミカルのもの

 

日焼け止めには、「紫外線吸収剤」を使っているものと、「紫外線散乱剤」を使っているものとがあります。

 

紫外線吸収剤とは、文字通り紫外線を吸収する薬剤のこと。

 

薬剤が紫外線を吸収することで、日焼けをするのを防いでいます。

 

薬剤を使っているため、肌への刺激や負担は強く、ニキビ肌の人には不向きです。

 

一方、紫外線散乱剤の日焼け止めは、酸化チタンやタルクなど、紫外線を跳ね返す成分を配合したもの。

 

化学薬品を使っていないので、肌への刺激は比較的軽めになります。

 

ただし、紫外線散乱剤使用の日焼け止めは、白浮きしやすいというデメリットも…。

 

雑に塗るとかなり目立ってしまうので、きちんと鏡を見ながら塗るようにしましょう。

 

まとめ

 

ニキビ肌の人の日焼け止め選びのポイントについて、紹介しました。

 

肌にやさしい日焼け止めを選ぶことはもちろんですが、不要になったら確実に落とすことも重要。

 

日焼け止めの成分が肌に残っていると、新たなニキビの原因となります。

 

正しいクレンジングや洗顔をして、落とすところまで確実に行うようにしてください。