ニキビ化粧品 皮膚科

ニキビを治すために皮膚科に行ってもいい?

皮膚科

数年前、「ニキビは皮膚科へ!」というCMをやっていたのを、あなたは覚えていますか?

 

最近は見かけなくなりましたが、一時はかなり頻繁に放送していたように感じます。

 

あの頃、あまりニキビで皮膚科へ行くというイメージはなかったので、「ニキビで皮膚科へ行ってもいいんだ!」という衝撃があったのを覚えています。

 

しかし、実際にニキビで皮膚科へ行ってもいいのでしょうか。

 

なんとなく、世間的にはまだ「ニキビ=皮膚科」というイメージはないように思います。

 

ここでは、ニキビを治すために皮膚科に行ってもいいのか、また、皮膚科でのニキビ治療はどんなことをするのかを紹介します。

 

ニキビで皮膚科へ行ってもいいのか

 

まず、ニキビで皮膚科へ行ってもいいのかどうかですが、ニキビは皮膚の病気の1つです。

 

皮膚の病気は皮膚科の管轄ですから、当然、皮膚科へ行ってもいいんですよ。

 

ただし、残念ながらどこの皮膚科でもニキビを診てもらえるかというとそうではありません。

 

昔ながらの皮膚科では、正直なところ「ニキビなんて不摂生をしているからだ!正しい生活習慣をしなさい!」と言われてしまうかもしれません。

 

そのため、皮膚科選びは非常に重要。

 

比較的新しい皮膚科や、ホームページで「ニキビ治療」などの言葉を載せているクリニックを選びましょう。

 

ニキビは目立って恥ずかしいので、できるだけ人には見られたくないもの。

 

それを勇気を出してクリニックへ行ったのに、「こんなことで…」なんて言われたのではショックが大きすぎますよね。

 

ですから、きちんと診てくれる皮膚科を探しましょう。

 

皮膚科でのニキビ治療は何をする?

 

では、皮膚科でニキビを診てもらうと、どんなことをするのでしょうか。

 

健康保険が適用するのかなど、いろいろと気になることがありますよね。

 

皮膚科は病気を治すために通うわけですから、ニキビを治すために行う治療に関しても、健康保険は適用されます。

 

必ず、保険証を持参して行きましょう。

 

皮膚科でのニキビ治療は、主に薬の処方が中心となることが多いよう。

 

こればかりはクリニックの方針にもよりますが、病院では患者1人に対してあまり時間をかけることができません。

 

そのため、なぜニキビができるのかといった原因追求よりも、今あるニキビを治すことが優先される傾向にあるのです。

 

これは仕方がないことですよね。

 

どんな薬が処方されるのかというと、それはニキビの状態にもよりますが、主にぬり薬と飲み薬。

 

どちらかの場合もありますし、両方が処方されることもあります。

 

・ぬり薬

 

デイフェリン、ベピオゲル、デュアック配合ゲル、ゼビアックスローションなど

 

・飲み薬

 

抗生物質、ビブラマイシン、ミノマイシンなど

 

主に炎症を抑えたり、殺菌作用のあるものが多いです。

 

できてしまったニキビを少しでも早く治すため、このような薬を処方するのですね。

 

皮膚科で薬を処方されたら、医師の指示通りに飲むことが大切です。

 

皮膚科では処置をすることもある?

 

皮膚科では薬の処方がメインであることが多いという話をしましたが、もちろん処置をすることもあります。

 

どの程度で処置をするのかは医師の判断によりますが、行うのは

 

・面皰圧出
・クリアタッチ

 

など。

 

面皰圧出というのは、毛穴の詰まりを取り除くこと。

 

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まることで起こりますよね?

 

この詰まりを、正しい方法で圧出してもらうのです。

 

炎症の起こっていない白ニキビなら、詰まりを出してもらえばすぐに治りますよね!

 

たとえ赤ニキビであっても、詰まりを取り除けば悪化するのを防ぐことができるので、跡を残さずにニキビを治すことができるでょう。

 

たとえニキビがなくなっても、跡が残ってしまったのでは困りますよね?

 

そうならないためにも、皮膚科で適切な治療をしてもらうことはとても良いことだと言えるでしょう。

 

また、皮膚の専門医である皮膚科医のアドバイスを聞けるのも、やはり皮膚科へ行くことのメリット。

 

ニキビ治療に特化したクリニックであれば、原因が何なのかを突き止めてもらえたり、ニキビが再発しないように生活習慣などのアドバイスがもらえることもあるでしょう。

 

大人になってからできるニキビは、同じところに何度も繰り返しやすいことが特徴でもあります。

 

ニキビができるたびに憂鬱な気分になりますから、しっかりと専門医のアドバイスを聞き、実践していくようにしましょう。

 

ニキビの治療のために通っているので、治療費が高額になるなんてこともありません。

 

初診で3,000円〜5,000円ほどみておけば大丈夫でしょう。

 

再診なら、もう少し安くすむかもしれませんね。

 

効くか分からない市販の薬を使用し続けるより、効果が確立されている処方薬を使った方がいいと思いませんか?

 

結果的に考えると、皮膚科へ通う方が時間もお金も少なくてすむかもしれませんね。

 

まとめ

 

ニキビを治すために皮膚科に行ってもいいのか、皮膚科でのニキビ治療はどんなことをするのかについて、紹介しました。

 

ニキビは皮膚の病気なので、皮膚科で治療することには何の問題もありません。

 

ただし、ニキビを真剣に診てくれる皮膚科でなければ意味がありませんので、クリニック選びは慎重に行いましょう。

 

皮膚科でニキビをキレイに治し、自分に自信が持てるようになるといいですね。