ニキビ クレンジング

クレンジングでニキビが悪化する?ニキビ肌のクレンジングの選び方

クレンジング

女性なら誰でも、メイクをしたことはありますよね?

 

学生でも社会人でも、ある程度の年齢になればメイクは必須作業。

 

髪型や服装を整えるのと同じように、メイクをすることも身だしなみの1つととらえられているのです。

 

そんなメイクは、したら終わりではありません。

 

メイクをしてキレイになるとそれだけでモチベーションも上がりますが、メイクは落とすまでが1つの行程。

 

きちんと落として初めて、本当の意味でメイクが完了するのです。

 

メイクを落とすためには、クレンジングが必要です。

 

しかしこのクレンジングが、肌に多大なる負担を与えていることをみなさんはご存じでしょうか。

 

ニキビで悩んでいるのなら尚更、クレンジング選びは慎重にならなくてはなりません。

 

使うクレンジングの種類やクレンジングのやり方次第では、ニキビにも悪影響を与えてしまいます。

 

ここでは、クレンジングの種類や特徴を紹介すると同時に、ニキビ肌向けのクレンジングの仕方も紹介していきますよ。

 

クレンジングには4つの種類がある

 

クレンジングとひとくくりにしていますが、その形状は大きく分けて4種類。

 

どれも「メイクを落とす」という目的の元に作られているのですが、その特徴は様々です。

 

メイクの落としやすさも違えば、肌への負担も違うもの。

 

その種類と特徴について、まとめてみました。

 

・オイルタイプ

 

メイク落ちの高さを重視するのなら、やはりオイルタイプが一番。

 

メイクは油分が多いので、メイクの油分をオイルの力で溶かして落とします。

 

メイクが残るとニキビの原因になりますから、「メイクをきちんと落とす」ことはクレンジングをする上でもっとも大切なことだと言えるでしょう。

 

しかし、オイルタイプのクレンジングはメイクをよく落とす反面、肌に必要な皮脂まで溶かしてしまう恐れも…。

 

皮脂がなくなると肌は乾燥し、バリア機能が低下することでニキビができやすくなります。

 

濃いメイクを落とすときにはオイルタイプが良いですが、ナチュラルメイクのときにはニキビ肌の人はあまり使うべきではありません。

 

・ミルクタイプ

 

ミルクタイプのクレンジングは、肌への負担が少ないことが特徴。

 

乳液のような形状なので、肌にやさしいのです。

 

負担の軽さだけでいうなら、ニキビ肌の人でも安心して使えると言えるでしょう。

 

しかし、その分メイクを落とす力は弱いです。

 

ある程度濃いメイクをすると、ミルクタイプではすんなり落とすのは難しいかもしれません。

 

そうするとゴシゴシ擦ることになり、ニキビ肌にとっては致命的なダメージを与えてしまいます。

 

だからといってメイクが残っているのも問題。

 

メイクが残っているとニキビが悪化してしまうので、メイクはきちんと落とさなければなりません。

 

・シートタイプ

 

クレンジングシートと呼ばれる、拭き取るタイプのクレンジング。

 

予めクレンジングローションの含まれたシートで拭き取るだけなので、時間のないときにも便利ですね。

 

しかし、シートタイプは「拭き取る」という形式上、強い摩擦を与えるのは必須。

 

摩擦はニキビを悪化させますし、メイクを落ちやすくするためにアルコールを含むものはニキビに刺激を与えます。

 

シートタイプは便利ではありますが、ニキビ肌には不向きでしょう。

 

・ジェルタイプ

 

オイルとミルクの良いところを兼ね備えているのが、ジェルタイプのクレンジング。

 

伸びがよく、メイクを馴染ませて浮かせて汚れを落とします。

 

擦らなくても落とせますし、肌への負担も少なめ。

 

ジェルには油性と水性があり、さらに水性はオイルインとオイルフリーに分けることができます。

 

メイクの濃さに合わせて、使い分けていきましょう。

 

ニキビ肌向けのクレンジングのやり方

 

ニキビ肌を悪化させないためには、クレンジングはとにかく時間勝負です。

 

いかに早く、確実にメイクを落とすかが重要。

 

ゴシゴシ擦ったり、長い時間をかけてクレンジングをするのは絶対にNGですよ。

 

手早く行うことがポイントです。

 

まず、クレンジングは比較的皮膚の強いTゾーンから行います。

 

Tゾーンに馴染ませたらUゾーンに伸ばし、最後に目元や口元にやさしく馴染ませていきましょう。

 

馴染ませたらぬるま湯で手早く流し、洗顔に移ります。

 

ここまでのクレンジングの一連の流れは、およそ1分〜2分ほどで行いましょう。

 

時間をかけてもいいことは何もないので、短時間でしっかりとメイクを落としてください。

 

クレンジングが楽なように、メイクそのものを薄くナチュラルにしたり、クレンジング不要な化粧品を使うこともおすすめです。

 

まとめ

 

ニキビ肌の人のクレンジング選びのポイントについて、紹介しました。

 

クレンジングの油分はニキビを悪化させる可能性が高いので、できるだけ油分の少ないクレンジングを選ぶようにしましょう。

 

油分の多いクレンジングを使わなくてもメイクが落とせるよう、メイクの仕方を見直すことも大切です。

 

クレンジングはほぼ毎日のことなので、クレンジングを見直すだけでもニキビ肌の改善には一歩前進できることでしょう。