ニキビ化粧品 美容皮膚科

ニキビは皮膚科と美容皮膚科のどちらに通うべき?美肌になりたいのならおすすめはこっち!

美容皮膚科

ニキビができると、それだけで何だか憂鬱な気分になり、出掛けることや人と会うことすら億劫になってしまいます。

 

なんとか早く目立たなくしたい!と思い、ファンデーションやコンシーラーを厚く塗ってしまっている人もいるかもしれませんね。

 

その結果、ニキビが悪化してしまったり、汚ならしい跡が残ってしまった…なんてことも。

 

また、自己流の間違ったケアが原因で、ニキビが悪化してしまうことも否定はできません。

 

ニキビが跡になってしまうとキレイにするのは非常に困難ですから、できるだけ「跡を残さずにニキビを治す」ことが大切。

 

そのためには、間違ったケアをしていたのではダメですよね。

 

やはりニキビは、正しいケアをするためにも病院へ通うことをおすすめします。

 

ニキビは皮膚の病気ですから、皮膚科へ行くべきなのでしょうか?

 

それとも、美容皮膚科?

 

どちらに通うべきなのか、その目的別におすすめを紹介したいと思います。

 

ニキビを治したいなら皮膚科へ!

 

今あるニキビを治したいというのなら、皮膚科へ行きましょう。

 

皮膚科は病気を治すためのところなので、今あるニキビの治療を行ってもらえます。

 

薬の処方がメインで、その治療は健康保険も適用。

 

できるだけお金をかけたくないという人も、皮膚科なら5,000円もあれば診てもらえますよ。

 

ただし、ニキビ治療に特化している皮膚科はまだ少ないので、どの皮膚科に通うかはしっかりと見極めなければなりません。

 

美肌になりたいのなら美容皮膚科へ

 

ニキビを治すことはもちろんですが、さらに「美肌になりたい!」という思いがあるのなら、皮膚科では物足りないでしょう。

 

皮膚科は病気(ニキビ)を治すことだけが目的ですから、それ以外のことは管轄外。

 

しかし美容皮膚科は美しくなるために通うところなので、ニキビを治したあとの肌の状態を改善することもできますよ。

 

ニキビのできにくい肌質へと改善していくこともできるでしょう。

 

ニキビの治療は病気の治療なので健康保険が適用されますが、そのあとのことは自由診療。

 

つまり、全額実費負担となります。

 

美容皮膚科での治療の場合、1回あたりの治療費は何をするかにもよりますが、安くても5,000円、高ければ50,000円ほどしてしまうことも。

 

信頼のおける美容皮膚科を選び、料金のことは事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

きちんと確認しておけば、後々トラブルになることもなくなるでしょう。

 

美容皮膚科では何をするの?

 

では、実際にニキビを治したくて美容皮膚科へ行くと、どんなことをするのでしょうか。

 

まずは今あるニキビを治すことが先決ですが、美容皮膚科ではニキビが治ったあとのことまで考えています。

 

いかにニキビができにくくするか?

 

美肌になれるか?

 

そのためには何をすればいいのか?

 

自分がどんなふうになりたいのか?というビジョンを、しっかりとイメージしておきましょう。

 

どうなりたいのかによって、美容皮膚科で何をするかは変わりますが、ニキビ治療という観点から見ますと、

 

・ケミカルピーリング
・IPL(光)治療
・光線力学療法
・ホルモン療法
・イソトレチノイン

 

などが多いよう。

 

注目されているのは、やはりホルモン療法でしょうね。

 

海外では比較的メジャーな治療法でもあるホルモン療法は、日本では自由診療になります。

 

ニキビができてしまう理由の1つに、ホルモンバランスの乱れというのが挙げられます。

 

主に、大人ニキビですね。

 

大人になってから繰り返すニキビは、ホルモンバランスが乱れていることが原因のことも多いもの。

 

ピルなどの内服薬を飲むことで女性ホルモンのバランスを整え、ニキビをできにくくすることができるのです。

 

婦人科で生理不順の治療時に処方されるピルと同じものですが、美容皮膚科の場合は病気の治療目的ではないため、薬代もすべて実費となるのです。

 

また、美容皮膚科で行う治療で行うことが多いのが、ケミカルピーリング。

 

ケミカルピーリングは、薬剤の力を使って肌表面の角質を取るというもの。

 

肌に溜まった不要な角質を取ることで、肌のターンオーバーを促すことができますよ。

 

美肌になるためには欠かせないものですね。

 

すでにニキビ跡が残ってしまっている場合は、レーザー治療などがおすすめ。

 

レーザー治療なら、できてしまったニキビ跡もきれいに治すことができるでしょう。

 

美容皮膚科は「美しくなる」ことを前提で治療を行いますから、ニキビ治療も跡を残さずきれいに治すことが大前提。

 

できるだけニキビはキレイに治したいと思っている人は、美容皮膚科へ通うことを検討してみてはいかがでしょうか。

 

ニキビができた時点で正しいケアをしていけば、ニキビを治すのはそこまで大変なことではありません。

 

もちろん、治療と平行して、睡眠や食事などの生活習慣を見直していくことも大切です。

 

まとめ

 

ニキビを治すための病院は、健康保険の使える皮膚科と、健康保険の使えない美容皮膚科があります。

 

ニキビを治すだけなら皮膚科でも十分ですが、美肌になりたい、キレイになりたいという思いがあるのなら、美容皮膚科がおすすめ。

 

すでにニキビ跡ができてしまっている人も、美容皮膚科ならキレイに治すことができるでしょう。

 

ただし、美容皮膚科は治療費が高額になることが予想されます。

 

あらかじめいくらくらいの予算を組んでおけばいいのかを、治療を始める前に確認しておきましょう。

 

信頼のおけるクリニックを見つけ、あなたの悩みを一緒に解決していけるといいですね。